日本犬科学研究室-樫原なう-

ZIN 日本犬科学研究室
那智勝浦町色川樫原
TARO 人を犬に問う 自然史・文化史

樫原なう

2019年8月17日
台風10号一過の樫原から瀧本の杉枝の散り敷かれた県道沿いに、瓜坊、カモシカ、子鹿がよぎった。
最後にいつもの定位置に、黒さんが待っていた。皆、無事だったんだ。


2019年8月13日
1年たつのは、はやい。大泰寺でのお施餓鬼は、ことしは、台風前夜の中。供え物を施餓鬼棚の前に届ける。
人間以外の全ての霊を思うこの行事が好きだ。


2019年3月26日
満開の桜の背後に峯の山



2019年3月16日
思いがけない3月の吹雪



2019年3月11日
西中野川林道から満開の山桜越しに口色川の連峰を望む。



2019年2月14日
瀧本の黒さんと同胎のチャトランが逝った。窓ガラスに鼻面を擦り付けた跡。



2019年1月9日
新年の嬉しい発見。ルビーのルビーのようなフユイチゴの実。フォン・シーボルトも愛した植物だ。



2018年12月22日
温かい小雨の中、冬至を迎えた。


2018年11月1日
例年の如く狩場刑部座衛門の神社の祭が執り行われた。センブリの白い小さな花が咲き祭りのあとのローズピンクの夕映えが美しかった。







2018年10月
自宅の県道沿いにアケビや、サルナシが実り、椎の実も落ち始めた。今年は生り年だ。







2018年9月4日
台風21号、朝から夕方まで籠に車を停めて風の道を見ていた。

 
2018年8月29日
野分の後、実りの秋の予兆。





 

2018年8月25日
早朝樫原に入った。倒木も片付けられており、滝本まで行けた。

2018年8月23日
台風20号上陸に備えて、天戸をたてた。山犬の万は、餌を食べに来なかった。山の奥に避難したのだろう。午後から夜半にかけて風が吹き荒れた。

2018年8月13日
大泰寺、お施餓鬼供養の朝5時





2018年8月11日
盆を迎える夕空


2018年8月7日
立秋を忘れず涼風が立った。

2018年6月21日
夏至の夕日を惜しんで、瀧本と樫原を行きつ戻りつした。

2018年3月30日
大奥方のO.SACHIEさんが山を下りて行った。
「無理すんなよ。」の言葉を遺して。


▲ページの先頭へ戻る